NEWS 最新情報

2017.09.19

ニューヨーク在住振付家・篠原憲作 特別ワークショップ開催!

篠原憲作氏Photo

 

俳優のための身体ワークショップ

 

身体は、声や感情と連動しており、演技をするにおいて日常的な訓練が欠かせません。舞台・映画など様々なシチュエーションで役立つ、身体の基礎トレーニング・イメージトレーニングを、ニューヨークで活躍する振付家・篠原憲作氏を招いて開催します!

 


 

【日時】 2017年10月9日(月・祭)、11(水)、16(月)、18(水) ※ひとクラス 2時間

18:00 ~ 20:00

★1回だけ、また飛び飛びでもご参加頂けます。

 

【言語】 英語 or 日本語

 

【内容】    身体を使ったゲーム、パートナーやチームでの共同作業、フィードバック練習、ダンスの基礎的なエクササイズ、動きや空間を構成する練習 など

 

【対象】 経験・性別・年齢・国籍は不問です。

 

【服装・持ち物】 筆記用具、動き易い服装。基本的に裸足で動きますが、スニーカーでも可。

 

【料金】 1回¥3,000  全4回参加の場合は¥10,000

(※本科在校生・卒業生:   1回¥2,000 全4回参加の場合は¥7,000)

 

【お申込締切】 10月6日(金)

★受講人数に余裕がある場合は各クラス開催日直前でもお申込頂けます。 事務局までお問合せ下さい。

 

【お申込方法】 お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレス・年齢・受講希望日を明記の上、アップスアカデミー事務局までメールにてお申込下さい。

e-mail:  info@upsnews.co.jp

 

 

篠原憲作 | Kensaku Shinohara

国際基督教大学教養学部在籍中、モダンダンスと演劇に出会い、2004年より作品を作り始める。ダンスカンパニーノマド欧州ツアー、グラインダーマン「Mustang The West」(大阪・京都)に参加ののち、2009年にニューヨークに拠点を移す。Jennifer Muller, Daria Faïn, Yoshiko Chumaなど数々の前衛振付家の作品に参加。自身の振付作品はニューヨーク、アリゾナ、ウィスコンシン、ピッツバーグなどアメリカ各地、カナダ、マレーシア、台湾、日本では東京、横浜、秋田、札幌で上演され、現地のカンパニーにも作品を提供している。その作品は「遊びがあり、期待を裏切り、時間と空間を押し広げる洗練された構成 (Karen Bernard, New Dance Alliance)」「衝撃的な存在感(Shepherd Express)」と各メディアに評される。

2015年横浜ダンスコレクションEXファイナリスト。同年、New York Stage Directors and Choreographers Foundationオブザーバーシップ受賞。2016年Queens Arts Fund New Work Grant受賞。同年、国際交流基金芸術文化助成受賞。2017-18年Harkness Dance Center, Exploring the Metropolis, Marble House Projectなどのアーティスト・イン・レジデンス選出。

CONTACT お問い合せ