UPS ACADEMY Since 1998

WHAT'S UPS 卒業生情報

ハリウッド映画出演の卒業生もいれば、全国ネットTVで放映された人もいる。俳優の道ではなく、歌手、ダンサー、脚本家、演出家、プロデューサーなど別の道で創造的に生きる人もいる。

卒業生・在校生の声

Kikuchismall

菊池 もなみ16期生

電車で片道2時間ほどかけて、大学へ通いながら本校へも通学されていた菊地さん。演技経験はほとんどないというところから入学、そして忙しい環境を乗り越えながら通学した当時のことをお伺いしてみました。

アカデミ宜しくお願いします。

菊池よろしくお願いします。

アカデミでは、早速ですが、女優さんになりたいと思われたのはいつ頃だったのでしょうか?

菊池役者になりたいなと思ったのは中学一年生の終わりぐらいからですが、こちらに入る前は本当に演劇にまったく関わっていなかったんです。

アカデミ学校の演劇部などには?

菊池中学一年生で陸上部に入っしまって機会を逃してしまったので、基本的に演劇いいなぁと思っていても踏み込めなくて。でも高校3年生の文化祭の時に、自分でミュージカルを思い切って有志でやったんです。そのときに、あ、やっぱりこの道に行きたいなって思いまして。それで演劇が盛んな大学に入りたいと思って大学受験をしたんです。

アカデミ大学で演劇を?

菊池はい。老舗の演劇サークルがいっぱいある大学のサークルで役者として舞台に立ちたいなと。本当に行きたいところに受からなかったら、大学に行くより役者の勉強   をしたいと思ったので、そしたらアメリカに行って演劇勉強したいって思ってまし た。

アカデミお、オールオアナッシングというか…凄いですね。大学の演劇部というか、サークルに入りたかったんですね?

菊池そうだったんですが、受かった年に東日本大震災があって入学式が遅れまして。で、一か月ぐらいずーっとやることがなかった時期がありまして、やっぱり演劇やりたいけど、なんかこう、何から始めたらいいかわからないし、これからどうやってその役者っていうのになっていけばいいんだろうって。

アカデミ本当に大きな事件でしたからね。そこで考える時間ができたと。

菊池そうですね。母親が私が演劇好きなのを知っていて、中学3年生の時に陽子さん(奈良橋陽子)の「夢をかなえるゾウ」という舞台のインタビュー記事を「こういうのあるよ」って持ってきてくれたんです。その記事をとっておいたのを思い出しまして。もう一度それを読んで、絶対この人に会ってみたいと思いました。会って話を聞いてみたいと。それで思い切ってこちらの事務所に「どうしたら陽子さんに会えるか」電話をしてみたんです。

アカデミええ?

菊池その記事に陽子さんがアメリカに行って役者の修行をしたとかそういうのも書かれていて、私もアメリカに行ってやってみたいなっていうのもあったので。

アカデミ演劇界の規模も日本に比べると大きいですもんね。

菊池はい。でその電話に、事務局の方が出てくれて、そのとき、陽子さんにどうしたら会えますかって、今思えばすごい変なこと聞いちゃって。そしたら陽子さんすごい忙しいから、会えるかわからないけど、UPSっていうのは演劇学校で、ここでやっていれば会える時があるかもしれないよ。と教えてくれたんです。

アカデミそれで入学されたんですね?

菊池その時は本科がもう締切だったんですけど、でもワークショップがあるということだったのでちょっと行ってみたいなって思って。

アカデミワークショップから始められたんですね?ワークショップはどんな印象でしたか?

菊池その時は本当に演劇のことも表現自体も方法も何も知らなかったから、メソッドに触れたときに、演技や芝居をする。ということより“生きる”“表現する”ことの根本が学べるんじゃないかって感じました。

アカデミそれで本科に?

菊池ワークショップをやっている中で、ここは学校だけど、いつか自立しなきゃいけない。ずっとここにいられるわけじゃなくて、いつか自分でやってかなきゃいけないとなった時に、そのワークショップで先生が「お前が本当にここで役者としての基盤を築いていきたいのなら、本科に入ったらどうだ」ってすすめてくれて。やはりしっかりと決められた期間のなかで、自分が本当に役者として生きていけるか。本気で飛び込んでみようと。

アカデミそうだったんですね。入ってみて実際に本科とワークショップの違いを改めて感じることは何かありましたか?

菊池やっぱり本科に入ってから、自分は本当に表現者として生きていきたいのだということを発見できました。ワークショップと比べると、本科のほうがより深く仲間と共に学べる喜びが感じられますし、お互い必死に役に取り組んでいる様、生き生き芝居している姿を目の前で見ることができるのが素晴らしいなと思います。

アカデミよりよい芝居が見れるという…?

菊池う~ん、うまい人の芝居って、映画一本借りてくればそのすごい偉大な俳優の演技が見れて、それもすごく勉強になると思うんですが、でもやっぱりその生身の、自分と一緒にやってきて、その人それぞれのいろんな人生のある人たちが、自分の目の前で、本当に命をかけてそこで芝居をやってるんだっていうのを見たら、本当に何よりもそれが自分が役者としてやっていくために、糧になるものだって思って。

アカデミなるほど。それは刺激になりますね。そういえばもうひとつお聞きしたかったのは、大学に通いながらこちらにもということでしたが、大変でしたか?

菊池正直に言うと、大変でした(笑)

アカデミ(笑)やっぱり。では、そんな菊地さんは例えばどんな人がこのクラスに向いていると感じますか?

菊池やっぱりこのアップスの環境って、みんながお互いその、飛び込めるような雰囲気を、こう、例えば自分が怖いと思うことに挑戦できるようなところだと思うんです。みんながそれを作っているというか。だから、表現したくてもできないっていうか、その、やりたくてもどうやっていったらいいかわからないというか、その表現の仕方がわからなかったり、その、不器用な人うん、なんか、不器用な人。が本当になんか、もっと違うところを、なんか違う自分の面だったりを気づかせてくれる場だと思います。

アカデミ迷っている方がいらしたら、どんなふうに声をかけますか?

菊池絶対、その扉を開けるというか、どうしよっかなって思っているてことは、そこまできっと来てるから。そこを開けるか開けないかがまず役者になる第一歩な気がします。本当にやりたいなら、自分でそこを一歩踏み出してほしい、と思います。

アカデミ自分で動いてみようということですね?

菊池はい。

アカデミなるほど。そうですよね。ありがとうございます。

菊池ありがとうございました。

CONTACT お問い合せ